審美歯科

審美歯科について

美しい白い歯と機能的で健康な歯を手に入れませんか?

審美歯科治療とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のことです。
ただ歯を白くするだけではなく「歯の機能を回復する」ことも同時に行っていきます。
様々な治療法があり、「歯列矯正」「ホワイトニング」「セラミック」による白い詰め物や被せ物などがあります。

見た目が綺麗なだけではなく、皆様のお体の大切な一部として調和し、快適な生活を送っていただけるようにするため、
機能美を追求しております。

メタルフリーとは、銀歯などの金属を使わず、セラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材を使って治療をすることを言います。これにより金属アレルギーや金属イオンによる歯茎の黒ずみが解消されます。金属を使用しないことで見た目にも美しく、白い天然歯に近い自然な仕上がりになります。
今後の歯科治療はメタルフリーの治療は主流になっていくと考えられています。当院でもメタルフリー治療を行っておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

金属を使わない身体に優しいメタルフリー治療

メタルフリーとは、銀歯などの金属を使わず、セラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材を使って治療をすることを言います。これにより金属アレルギーや金属イオンによる歯茎の黒ずみが解消されます。金属を使用しないことで見た目にも美しく、白い天然歯に近い自然な仕上がりになります。

今後の歯科治療はメタルフリーの治療は主流になっていくと考えられています。当院でもメタルフリー治療を行っておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

これまでの審美治療例(クラウン・被せ物)

これまでの審美治療例(インレー・詰め物)

素材の比較

オールセラミック(ジルコニア)

[メリット] 最高級の被せ物。前歯にもっとも適しています。金属を使用せず、歯肉が黒くならない。高い強度と生態親和性がある。仕上がりが一番美しい。[デメリット] 保険適応外。
 かぶせ物(クラウン)・・・・100,000円   (税別)

[メリット] 最高級の被せ物。前歯にもっとも適しています。金属を使用せず、歯肉が黒くならない。高い強度と生態親和性がある。仕上がりが一番美しい。
[デメリット] 保険適応外。

 かぶせ物(クラウン)・・・・100,000円   (税別)

メタルボンド

[メリット] 陶材と金属を焼き付けて作るので強度がある。[デメリット] 中身の金属の種類によっては金属が溶けて歯茎が変色したり、金属アレルギーを起こす可能性がある。
 かぶせ物(クラウン)・・・・80,000円   (税別)

[メリット] 陶材と金属を焼き付けて作るので強度がある。
[デメリット] 中身の金属の種類によっては金属が溶けて歯茎が変色したり、金属アレルギーを起こす可能性がある。

 かぶせ物(クラウン)・・・・80,000円   (税別)

硬質レジン

[メリット] プラスチックの素材で保険範囲内での治療が可能。[デメリット] 変色・着色しやすく、強度は柔らかく破折・磨耗しやすい。中身の金属の種類によっては金属が溶けて歯茎が変色したり、金属アレルギーを起こす可能性がある。
 かぶせ物・・・・保険適応

[メリット] プラスチックの素材で保険範囲内での治療が可能。
[デメリット] 変色・着色しやすく、強度は柔らかく破折・磨耗しやすい。
中身の金属の種類によっては金属が溶けて歯茎が変色したり、金属アレルギーを起こす可能性がある。

 かぶせ物・・・・保険適応

e.max(イー.マックス)

[メリット] 非常に見た目が良く、ハイブリットと違って変色しない。透明感を求めながらもかなりの強度が得られる。汚れ(プラーク)が付きにくく、再度の虫歯になりにくい。[デメリット] セラミックを盛るクラウンに比べ、複雑な色付けには限界がある。透明感に優れている分、元の歯の色調に影響される。
 つめもの(インレー)・・・・50,000円
 かぶせ物(クラウン)・・・・80,000円   (税別)

[メリット] 非常に見た目が良く、ハイブリットと違って変色しない。透明感を求めながらもかなりの強度が得られる。汚れ(プラーク)が付きにくく、再度の虫歯になりにくい。
[デメリット] セラミックを盛るクラウンに比べ、複雑な色付けには限界がある。透明感に優れている分、元の歯の色調に影響される。

 つめもの(インレー)・・・・50,000円

 かぶせ物(クラウン)・・・・80,000円   (税別)

ハイブリッドセラミック

[メリット] 金属を使用せず、歯肉が黒ずみにくい。セット時に見た目が自然の歯のようにみえる。オールセラミックよりも安価。[デメリット] プラスチックとのハイブリッドのため、経年的に変色する。強度が弱いため、セラミックよりも割れる可能性がある。保険適応外。
 つめもの(インレー)・・・・40,000円
 かぶせ物(クラウン)・・・・70,000円   (税別)

[メリット] 金属を使用せず、歯肉が黒ずみにくい。セット時に見た目が自然の歯のようにみえる。オールセラミックよりも安価。
[デメリット] プラスチックとのハイブリッドのため、経年的に変色する。強度が弱いため、セラミックよりも割れる可能性がある。保険適応外。

 つめもの(インレー)・・・・40,000円

 かぶせ物(クラウン)・・・・70,000円   (税別)

ホワイトニング

歯を削ることなく、本来の輝く白い歯を取り戻しましょう

ホワイトニングとは、歯を削ったり傷つけたりすることなく特殊な薬効を用いた漂白により歯を白くする処置のことです。
ホワイトニングには一時的にご自宅で行うホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。
歯の黄ばみは先天性のものであったり、薬物・損傷によるもの、食生活や加齢の影響など様々な原因で起こります。
ホワイトニングで本来の白い歯を取り戻しましょう。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングは以下の2種類ありますが、当院では、色の持続性があり色ムラなくきれいに仕上がるホームホワイトニングのみを行っております。

ホームホワイトニング

ご自宅で患者様が行うことのできるホワイトニングです。
[期間] 毎日行った場合2~4週間、2~3日に1回の場合1~2ヶ月
[メリット] 自宅で気軽にできる。徐々に色が変化するため、オフィスホワイトニングより長く効果が持続し、色ムラなくきれいに仕上がる。
[デメリット] 効果が出るまでに時間がかかる。

 上 or 下顎・・・・15,000円

 上下両顎・・・・28,000円  (税別)

オフィスホワイトニング(※当院では行っておりません)

歯科医院で専用の機械を用いて行うホワイトニングです。
[期間] 1~3回の来院
[メリット] 短期間で歯の色を白くすることができる。
[デメリット] 短期間で行う分、元の色に戻るのも早い。また色ムラもできやすい。歯科医院に通う必要がある。

審美歯科・ホワイトニングQ&A

セラミックと保険診療の材質の違いは何ですか?

自費診療で使用するセラミックは水分を吸収しないので、変色せず、天然歯と近い色や形・強度を復元することが可能です。一方、保険診療で使われる白い差し歯は、材質がプラスチックのため水分を吸収してしまい、1~2年経つと変色してきます。また、強度もセラミックほどはありません。

ホワイトニング中に注意することはありますか?

ホワイトニング中は非常に色を吸着しやすい状態になっています。できるだけ色の濃い食べ物(カレー・醤油・コーヒー等)は避けてください。

セラミックは着色しませんか?

陶器なので着色しません。毎日磨けばきれいに保つことができます。ただセラミックはホワイトニングができないので、本来の歯の色が気になる方は、他の歯をホワイトニングしてからその歯の色に合うセラミックを選ぶことをおすすめいたします。

ホワイトニングの効果はどのくらい持続しますか?

歯の状態にもよりますが、食生活などにより通常6ヵ月程度で若干後戻りを起こすことがあります。その場合でも歯のクリーニングを行うことにより白さを維持することができます。その後も数ヶ月ごとのケアで効果が持続します。

ページトップへ戻る

  • © 2014 香里園レジデンス歯科・矯正歯科